「Moore’s collar™」のサービス名に込めるビジョン

 

ご存知の通り、Intel社を設立したゴードン・ムーア氏は1965年にムーア法則を発見しました。

この法則は半導体の集積密度が18~24ヶ月で倍増すると主張しています。

そして2020年の頃に限界を迎えると言われています。

それまではどんどんより高い計算量のマイクロチップが作られ計算装置に組み込まれます。

日々の生活の中で使われる電気・電子装置に搭載されます。

その中に最も注目を浴びているのはいわゆるIoT = Internet of Things = モノのインターネット装置であろうと考えています。

IoTはインターネット接続、実時間処理能力そしてセンサーを装備しているデバイスと定義できます。

更にその上に人工知能のレイヤーを重ねると賢い行動ができる、あるいは賢い決断が出来る道具が可能になります。

そしてブロックチェーン技術と連携させると、モノとモノとの間にお金の交換ができるようになります。

IoT、ブロックチェーン、そして人工知能、その三つの技術を合わせると黄金の三角形が形成され、想像を絶する、今までに不可能だと思われていたアプリケーションが初めて実現可能となります。

IoT産業に属している成長企業様や画期的なベンチャー様が抱えている最大の課題はビジネスモデルの発掘よりも、有用な人材の確保であると考えています。

だからこそ、私達、ムーアズカラー™(Moore’s collar™)は、IoT技術で日本中にイノベーションを起こす企業様を支援できるよう徹底的に努めていきたいと思います。

サービスの特長

 

IoT業界を中心に、その他AR/VR業界などの熟知

計2000名以上の厳選されたIoT人材(日本在住)が登録

計1000名以上の厳選されたIoTエンジニア(日本在住)が登録

計300名以上の厳選されたAR/VRエンジニア(日本在住)が登録

IoT分野に属する人材ネットワーク規模(グローバルDB):合計190,000名以上

IoTを中心に、その他AR、VRなどに関連する技術を開発するベンチャー・スタートアップの厳選された求人案件をご用意

コンサルタント全員がもともとは計算工学や電子・電気工学の修士を取得していることから、IoT業界に転職されたい求職者に対して徹底的なヒアリングを実施し、最適な転職活動のサポートをすることが出来ます。

IoTのカンブリア爆発に備えるための人材採用

 

私達は孫正義氏がARM社を買収し、開催した基調講演の際に主張したように、IoT装置の数は過去にあった生物のカンブリア爆発のように、2035年までに1兆個にも上ると確信しています。

日本がこの爆発に備えるために当サービスを導入させていただきました。

日本がIoT先進国になるために、「領域横断型」な人材を育てるまたは輸入する必要があり、それをMoore’s collar™(ムーアズカラー™)が促進すると信じています。それを当ポータルのミッションとして掲げています。

Moore’s collar™(ムーアズカラー™)のご提供できるヒューマンキャピタルには、電子工学、電気工学、機械工学、計算工学、やプログラミングだけではなく、利用者さんの役に立つ、ユーザビリティの高いアプリケーション設計・実装を総合的に考えることができる人材が豊富に登録してあります。

最も取引のあるクライアントの業界

 

エンターテインメント

ロボット工学

拡張現実

仮想現実

ホームオートメーション

ホテル業界

レストラン業界

著作権管理業界

スポーツ、ウエルネス業界

タクシー業界

Eラーニング業界

広告配信テクノロジー業界

IoT人材に関するトータルコンサルティングのご提供

「IoT戦略に即戦力を適材適所に」

 

IoT venture + Moore’s collar™(ムーアズカラー™) = LEADING THE NEW ERA OF UBIQUITOUS COMPUTING

人材紹介の他に、IoT分野を専門とした人材コンサルティングサービスを御社のニーズに応じて御社にご提供いたします。中途採用代行、人材獲得支援、意思決定支援(アドバイザリーサービス)、戦略立案など。

当サービスの設立者が計算工学や電子・電気工学業界出身者だからこそ提供可能なコンサルティングとなります。

IoTの新技術の実装に関しては、固定観念のない自分と異なる視点からフューチャリストなアドバイスを受け取ることが出来れば、お客さんは新しい可能性に気が付くであろうと我々は確信しています。